• ティト

ビッグフット


ビッグフットは

夜の空

ひとり星座を編んでいる

寂しい子どもをみつけると

星の毛布をなげるだろう

毛布をもらった子どもは

空の旅

両手に

笑い溢れさせ

宙返り

ビッグフットは

森の中

ひとり神話を書いている

迷った大人を見つけると

星の毛布をなげるだろう

毛布をもらった大人は

森の旅

両手に

涙溢れさせ

宙返り

ビッグフットは

見えません

大きすぎて

見えません

呼んでいるの

ビッグフット

呼んでいるの

ビッグフット

必ず答えてくれる

ビッグフット

どこにいたって

星の毛布が届くから

#詩

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

森に帰るあなたは

一掴みの空の中に 森をつくる 夜のような森を そうすれば あなたに 見せてあげられるかもしれない 目の見えないあなたに 夜に満ちた森を 見せてあげられるかもしれない 星に埋め尽くされた光る闇 蛍舞う甘い泉は月の味 それを汲み上げ あなたの手に握らせてあげる その手に百の千の万(よろず)の 若葉落ち葉を集めれば あなたの無垢の瞳は緑に光る 手をつないで行きましょう 夜のような森に 一掴みの空の中に

森へ行きましょう

一掴みの空の中に 森をつくる 夜のような森を そうすれば あなたに 見せてあげられるかもしれない 目の見えないあなたに 夜に満ちた森を 見せてあげられるかもしれない 星に埋め尽くされた光る闇 蛍舞う甘い泉は月の味 それを汲み上げ あなたの手に握らせてあげる その手に百の千の万(よろず)の 若葉落ち葉を集めれば あなたの無垢の瞳は緑に光る 手をつないで行きましょう 夜のような森に 一掴みの空の中に