• ティト

秋と川


秋が川に流れて行く 赤い葉が一枚 秋をのせて 流れて行く 流れて行く赤い葉を 追いかけて行く 赤い葉は瞬く間に消えて行く 赤い葉をのせた波を 追いかけて行く 波も瞬きの間に消えて行く どうしたって赤い葉は捕まえられない どうしたって赤い葉をのせた波は捕まえられない どうしたって川は捕まえられない 川はどこにもない 川は わたしの眼のなかに わたしの記憶のなかに 川は流れて行く ここに川はない

秋が川に流れて行く 深い光を浴びて 流れて行く 流れて行く秋を 呼んでみる 秋は 「やあ!」といって 流れて行く 秋はどこにもない 秋は あなたの眼のなかに あなたの記憶のなかに 秋は流れて行く ここに秋はない

秋が川を流れて行く 秋をのせた川が 流れて行く

#詩

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

優しい川

光る川辺の草原に 雲雀が飛ぶ 遠い皐月の昼下がり となりに並ぶ そっけなく優しい眼差しに 気がつく時が来た すべての時に 優しい眼差し 川のように 流れていた 私を見つめる 優しい眼差し 川のように 注がれていた いつもそこに流れる 優しい川を 感じられたなら そのまま 優しさに包まれて 川に流れることが出来るだろう どこまでも どこまでも #詩