• Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • shopping-cart-circle
© 2017 Wonder-poems.com

森へ行きましょう

November 27, 2016

一掴みの空の中に

森をつくる

夜のような森を

 

そうすれば

あなたに

見せてあげられるかもしれない

 

目の見えないあなたに

夜に満ちた森を

見せてあげられるかもしれない

 

星に埋め尽くされた光る闇

蛍舞う甘い泉は月の味

それを汲み上げ

あなたの手に握らせてあげる

 

その手に百の千の万(よろず)の

若葉落ち葉を集めれば

あなたの無垢の瞳は緑に光る

手をつないで行きましょう

夜のような森に

 

 

一掴みの空の中に

森をつくる

雨のような森を

 

そうすれば

あなたに

聞かせてあげられるかもしれない

 

耳の聞こえないあなたに

雨に満ちた森を

聞かせてあげられるかもしれない

 

鳴り止まない雨の叫び声

声を潜める鳥の身繕い

それを集めて

あなたの手に握らせてあげる

 

その手に百(もも)の千の万(よろず)の

葉脈の音を集めれば

あなたの無垢の耳に雨が溢れる

手をつないで行きましょう

雨のような森に

 

 

いつか

目の見えないあなたが

その森を訪れるとき

 

いつか

耳の聞こえないあなたが

その森を訪れる時

 

百足が縫う緑の着物に

ちりばめられた太陽の影を踏むとき

君の名を呼ぶ

夜の声を

君の名を呼ぶ

雨の声を

聞く

答えるなら

隠れていた星がひとつ

光だす

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

POEMS

January 18, 2017

January 18, 2017

November 27, 2016

November 27, 2016

Please reload

WORKS

November 26, 2015

August 15, 2013

Please reload