• Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • shopping-cart-circle
© 2017 Wonder-poems.com

瞳を閉じて

November 27, 2016

瞳を閉じて

胸に降る

小糠雨の音を聞け

その雨が光るのを聞け

雨は雪に変わり

白い音の影を踏みながら

歩く

枝に積もる細い雪を

そっと指でなぞるとき

溶けていく雪に

胸が躍る

足は

柔らかく

消えゆくものを追いかける

空気は

甘く透き通る

雪菓子の味

フクロウが目を覚まし

低く歌い始めるとき

木立の向こうから

馬の足音

歌や笑い声響き

振り向けば

妖精たちの行進

近づく

舞い上がる雪のかけらは

招待状

受け取ったなら

いちばん後ろの白馬に飛び乗り

フェアリーレイドを駆けていけ

扉が開くのは

ほんのひととき

さあ

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

POEMS

January 18, 2017

January 18, 2017

November 27, 2016

November 27, 2016

Please reload

WORKS

November 26, 2015

August 15, 2013

Please reload