MOVIE

January 9, 2018

The little Sun 小さな太陽


 

「小さな太陽」Little sun

歩いていた

小さな太陽連れて

歩いていた

真っ白い雲の中

ときどき

ふたりは泣いた

世界中の屋根に

雨が降るように

(huhuhu huhuhuhu huhuhuhu)

歩いていた

小さな太陽連れて

歩いていた

真っ黒い雲の中

ときどき

ふたりは祈った

世界中の子どもが

大切に扱われるよう

歩いていた

小さな太陽連れて

歩いていた

真っ青な海の中

ときどき  

ふたりはわらった

世界中の花が

咲きそろったように

歩いている

小さな太陽連れて

歩いている

涙が虹になるまで

January 31, 2017

INVISIBLE SEA 「見えない海」インスタレーションの記録と無声音朗読。

見たことのない、内側にある海を訪ねる。瓶に入れた海の詩が海に溶けていく。

海についての短詩11編。

ウィスパーヴォイス朗読とギター。

人のいない春の海へ行く。
紙に書いた海の詩を朗読しながらハサミで切る。
一行ずつ古い薬ビンに入れる。
波打ち際に並べる。
波が来るのを待つ。
波がビンを倒し海に運ぶ。
詩が海に溶けていく。
海に暮らす生き物たちに詩を伝える。

(INVISIBLE ME「見えない私」に続く作品。)


poetry & voice ティト

photos   Susumu Tomizawa

guitar  Acousphere

November 17, 2016

「宇宙スープ」 9月13日 新潟弥彦神社 100年の節目をお祝いする奉祝行事にて 

「詩・ヴォイスダンス・ダンス・クリスタルボウルのコラボレーション作品 宇宙スープ を奉納披露させていただきました。

パフォーマンス直前に言霊に共鳴してか、急に強い風と雨が吹き荒れ、舞台を降りた時には雨も風も止んでいて驚きました。

November 17, 2016

「12 flowers」この詩は、これまで生きていた人々、今生きている人々、これから生まれてくる人々の、いのちの繋がりへの賛歌です。 

この繋がりの詩を、ー宇宙と響き合う声と音ーをテーマに、音楽にしました。今後は文字の詩、朗読の詩、唄としての詩と、表現の領域を広げていきます。


piano:Yoriko Shinya
poem: Tomoko

November 17, 2016

世界で起きていることは自分の内側のことかもしれない。平和な世界とは自分の内側を見つめことから始まるのかもしれない

piano:Yoriko Shinya
poem: Tomoko

photos: Susumu Tomizawa

Please reload